げいむすきお伝(種本)~DQX~

アストルティアにおける吾輩の軌跡を全てここに記す。この記録を読んでおる貴公は幸運である。なぜなら勇者すきおの偉業を後世に伝える役目を担うことができるからである。この記録を種本とし、各々の「げいむすきお伝」を完成させてもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願のツボ錬金作業着上下を手に入れたのである。

吾輩はげいむすきおである。
恋焦がれておったツボ錬金作業着であるが、ついにマスター・ポーリアより賜ったのである。

吾輩は真っ先にジャム嬢の所へ向かった。
今まで吾輩のツボ錬金を見守ってくれておったジャム嬢であるから、最初に報告するのが筋であろう。

手を伸ばしたら border=0
ガートラント城下町 ツボ錬金設備

お揃いのツボ錬金作業着で、同じポーズをして記念撮影である。
今回の話とは関係ないが、吾輩の人間姿はこれが初公開であるな。

ウェディの時よりも体格がやや小さく、戦士として戦闘を行う際に、わずかながらとはいえ不利であるため、滅多に人間姿でいることがない。
そのため、これは貴重な写真であるぞ。

肝心の着心地であるが、さすがルークが絶賛するだけあって、素晴らしいものであった。
これから先、ツボ錬金をするときは、この格好で行おうと思う。

マスター・ポーリアにこの装備を賜ることができたという事は、このジャム嬢の代わりにここに立っていてもよいだけの実力を認められたという事であろう。
無論、吾輩には冥王ネルゲルを倒すという使命があるため、ここでずっと立っておるわけにはいかぬ。
そのため、長い時間は無理であったが、吾輩はジャム嬢とともにここで職人たちを出迎えてみたのである。

顔をうずめたら border=0
ガートラント城下町 ツボ錬金設備

どうであろうか。
中々さまになっておるであろう。

ジャム嬢はしっぽがあり、また女性らしいふっくらとした体つきである為、作業着の後ろのボタンがしまらぬようであったが、吾輩が着た場合はきっちりしまる。
ついでである。
後ろからの姿も披露しておこう。

後ろにチグサ border=0
ガートラント城下町 ツボ錬金設備

同じ情景を後ろから見た図である。

背中が大きく開いておるのもそうなのであるが、それよりも下から風が入ってくるのがどうにも慣れず非常に寒い印象を受ける。
女性はこういった服装を小さなころからしておるのであるな。
お腹を冷やさぬようくれぐれも気を付けてほしいと思う次第である。

テーマ : ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

No title

痴漢じゃん!w

吾輩はげいむすきおである。

一体、何のことであろうか。
吾輩には、まったくなんのことかわからぬのである。
非公開コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。