げいむすきお伝(種本)~DQX~

アストルティアにおける吾輩の軌跡を全てここに記す。この記録を読んでおる貴公は幸運である。なぜなら勇者すきおの偉業を後世に伝える役目を担うことができるからである。この記録を種本とし、各々の「げいむすきお伝」を完成させてもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年の挨拶である。

吾輩はげいむすきおである。
無事に新年を迎えることができ、大変めでたいのである。

昨年を振り返り思い出すことと言えば、柔らかな生地先生との謎の写真友人宅での出来事クリスマス写真コンテスト――。

そこまで考えて、吾輩は大変なことに気が付いた。
戦った思い出がないのである。

これは良くない。
勇者の本懐を忘れてはならぬのである。
勇者が必ずしも強くなければならないわけではない。
しかし、「強くあろう」「強くなろう」という意思を失ってしまっては、勇者ではないのである。

弱者でなければ、分からないことが沢山ある。
しかし、強くなくては守れないものも沢山あるのである。
弱者の気持ちはもう十分にわかった。
そろそろ強くなるころである。

よって、本年の抱負として、シンプルではあるが「強くなる」をあげさせてもらおうと思うのである。

勇者のレベル上げがどういうものかを、皆にみせてやるのである。

思い知るがよい。

勇者すきおの抱負
自宅

本年も、よろしく頼むのである。



新年あけましておめでとー。
「InTheBush」リーダーのアコニットです。

普段、ここに登場するときは堅苦しい文体なんだけど、あれはお仕事だから。
いつもはこんな感じでやってます。

メインの職業は盗賊。
ギルドは防具鍛冶ギルドに入ってます。

今年の抱負なんだけど、「色んな種類の防具を作る」かな。

去年は、まほうのよろい上とプラチナメイル上ばっかり作ってたからなー。
職人レシピにいっぱい★つけたい。

あともう一個、抱負を言っていいかな?
もう一個は「少しでも多くの記事をあげる」なんです。

いつも記事書くのが遅いから。
しれっと新年のあいさつしてるけど、写真コンテストの後編もまだだしね。

記者アコニットの抱負
ドルワーム王国 防具鍛冶ギルド

今年もよろしくねー。



あけましておめでとうございます。
それと同時に、初めましての"げいむいやよ"です。
げいむすきおの妹という"設定"になっています。

この言い方からもわかるように、二人がアストルティアの住人であるのに対して、私は現実社会に生きています。

いわゆる『着ぐるみを着ている"中の人"』という位置づけです。
三番目のキャラは、種族をオーガ、性別を男にし、実際の"姓名"の名の方を付けて、実名系オーガキッズを気取ろうかと思っていたのですが、実名を使う勇気がなかったため、この名前に落ち着きました。

ドラクエ1から8までは実名をつけていたので、私の中では由緒正しき勇者の名前なんですけどね。
私がもしまだキッズだったら、その"由緒正しき勇者の名前"をつけてメインキャラにしていたと思います。

ちなみに9は実名ではありませんでした。
興味はないかもしれませんが、無理やり教えます。
9は「すきお」という名前でした。

"中の人"に位置するキャラを作っておけば、バージョンアップの感想であるとか、提案掲示板で見つけた面白い提案をとりあげたりであるとか、そういったことを書く時に便利かな、と思っていたんですが、何を書くにしろ書くのが遅い為、即時性が必要な記事を書くことができず、今まで全く出番がありませんでした。
なんといっても、新年の挨拶が三が日の明けた今日ですからね。

今まで全く出番がなかったので、これから先も全く出番がないかもしれません。
このまま出番がなかったら、何かを思いついたときに別の人格で登場することになるかもしれません。
次に出てきたときはただのぶりっこキャラになっているかもしれない、ということです。

新年の挨拶位は"中の人"でしようと思って初めて出してきたわけですが、別にげいむいやよを名乗る必要はなかったかもしれません。

とりあえず、今年の抱負は「げいむいやよの人格を固定する」といったところです。

三人そろって
ガートラント領 ガートラント城下町 入口

本年も『げいむすきお伝(種本)』とげいむすきお、アコニット(と、ついでにげいむいやよ)をどうぞよろしくお願いいたします。

テーマ : ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

おそくなったけどあけおめことよろ!
またどこか行こうねー!

吾輩はげいむすきおである。
うむ。あけおめことよろである。

最近は吾輩もレベル上げをしておるため、
少しずつではあるが、強くなっておる。
次にあったときは以前の吾輩ではなく、どこへでもいけるはずなのである!
是非とも、またご一緒したいものである。
非公開コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。