げいむすきお伝(種本)~DQX~

アストルティアにおける吾輩の軌跡を全てここに記す。この記録を読んでおる貴公は幸運である。なぜなら勇者すきおの偉業を後世に伝える役目を担うことができるからである。この記録を種本とし、各々の「げいむすきお伝」を完成させてもらいたい。

クリスマス写真コンテスト参加者へのロングインタビュー[後編]

クリスマス写真コンテスト参加者へのロングインタビュー[前編]からの続き。

――男の言葉は、だんだんと熱を帯びてくる。
その勢いのままに、話は4作品目へと進んだ。


プレゼント
アズラン住宅村(げいむすきお)
①げいむすきお(QO994-197)②プレゼント③【書置きで失礼します。事情があって直接お渡しすることができませんので、お家にプレゼントを置いておきます】「うん。手渡しできない理由は何となくわかる」 #DQ10写真コンテスト #クリスマス pic.twitter.com/58RDPuyC

「ありがちではありますが、『自分自身をプレゼントにする』というモチーフで撮りました。
一作品目で『生腕、生足がただただキモいだけ』という評価をうけていながら、またしても生腕を箱に生えさせるという暴挙。当然のようにこの作品も『こんなプレゼントを子供がもらったらトラウマになる』という評価が返ってきました。やはり、無機物から突然、生腕や生足が生えている様子は、見る者に気持ち悪さを呼び起こしてしまう様ですね。それでも、ReTweetをしてくれた方が2名いらっしゃったようで、非常にありがたいことです。ただ、Favoriteに入れてくれた方はいらっしゃいませんでした」

――そして、次が最後の作品となる。
これはかなりの自信作だ、と男は息巻いた。


プレゼントはー
星の大樹広場
①げいむすきお(QO994-197)②メリーク③「ホーホーホー!儂は」「パパ!」「良い子に」「プレゼントは?」「……」「どこ!」「台詞考えて来たのに……」「パパ泣かないで」「うん」「プレゼント早く」 #DQ10写真コンテスト #クリスマス pic.twitter.com/nC2dVNv5

「5作品目はいかにも一般受けを狙ったかのような作品になりました。でも、特別に一般受けを意識したわけではないんですよね。

『ウェディのあいさつ』の最中に、小さいキャラがジャンプをして組み合わされば、面白いものが撮れるんじゃないかな、と思ったのが始まりでした。実際にやってみると、イメージするような写真を撮るのはなかなか難しい。タイミングが合わないのです。こちらの画面とあちらの画面では多少のラグがあるためか、お互いがお互いに相手と合わせようとすると、上手くいかない。そのためドワーフ女子に同じタイミングでジャンプをし続けてもらい、それにウェディのあいさつのタイミングを合わせるという形にしたところ、どうにか撮ることができました。できた写真を見て『これはいける』と、思いましたね。

これは面白いので、応募する際には最高のシチュエーションを用意して、写真を撮らないといけないとも思いました。

その為に考えた最初のシチュエーションはこうでした。

クリスマスの夜。
サンタの格好をした父親は娘を驚かそうと、サンタになりきって娘の前にでていく。
すると、娘は小さな体のどこにそんな力が隠れていたのかと思う程の凄い跳躍力で、父親に飛びついた。
父親はそんな娘の姿をみて、『口は達者になったけど、まだまだサンタクロースを信じているんだな』と可愛く思い、サンタになりきって用意してきたセリフを娘に言う。
『ホーホーホー! メリーク』
台詞の途中で、娘が大声を上げる。
『待ってた!』
父親は台詞を途中で遮られてしまい、残りの『リスマース!』をいう機会を失ってしまった。
仕方がないのでそのまま次のセリフに進む。
『儂が誰だかわかるかな? 儂はサ』と言いかけたところで再び娘が大声を上げる。
『パパ!』
サンタクロースが来たことを喜んで、とびついたわけではなく、自分の父親だという事が分かってとびついたようだ。
父親は娘の成長を嬉しく思うと同時に、少し寂しい気分にもなった。
『そうか。まだサンタクロースを信じてると思ってたのにな』
それでも、折角用意してきた台詞があるからと思い、言葉を続ける。
『良い子にしておっ』『プレゼント!』三度台詞を遮られてしまう。
どうやら、自分の父親だという事が分かってとびついたわけではなく、プレゼントが早く欲しくて、とびついたようだ。
父親は泣いた。泣いた父親をみて娘は慰める。
『パパ、泣かないで』
父親は顔を上げ、娘の優しさに感動した。
娘にとっては、プレゼントよりも、父親が泣いている事の方が重要なのだ。
父親が泣き止むと、娘は優しくこういった。
『プレゼント早く!』
父親が泣いていてはプレゼントがもらえないと思い『泣かないで』といっていただけのようだ。

一枚の写真にこれだけの思いをのせるつもりで、必死にシャッターを切りました。タイミングを合わせるのも悩みどころでしたが、撮る角度も悩みどころでした。父親の表情が分かるように撮ったり、娘の表情が分かるように撮ったり、あえて遠景にしてバックのクリスマスツリーが映えるように撮ったり、と様々な角度を試してみました。
娘の服装にも悩みました。最初は娘もサンタ服だったんです。娘も赤い服をきていた方が派手で、写真の見栄えも良いと思ったんですが、上のシチュエーションであることを考えるとおかしいんですよね。娘はやはり寝る準備を整えている方が良い。ですから娘役のジェンカさんに「パジャマっぽい装備はある?」と聞いたところ、この装備に着替えてくれました。

そうやって角度を変えたり、服装を変えたりとしながら、何枚も撮ったうち、一番良いと感じたのがこの写真だったんです。「父親の胸にとびこんでいる」ではなく「父親が娘を抱き上げている」写真になりましたが、これはこれで味があると思い決めました。
一見、一般受けを狙っているようで、その実、なかなか玄人好みな作品にまとまったと思っています。絵面だけ見ると派手さはありません。ですが、完成度は高く仕上がったと思っています。普段、写真を沢山撮っている人ほど、評価してくださるんじゃないでしょうか。

この作品は、最終的にReTweetが46件、Favoriteが36件となりました。沢山の方に見ていただけたようで大変嬉しく思います。
嬉しく思うと同時に、見ていただいた方全てに感謝しております。本当にありがとうございました。



今回は残念ながら、彼の作品が運営スタッフの目にとまることはありませんでした。
しかし、納得のできる写真をたくさんの人に見てもらうことができるたためか、彼自身は非常に満足した様子でした。
そして、彼は最後に「次のコンテストまでに腕を磨いておきたい」と、意気込みを語り、インタビューを締めくくってくれたのです。
彼の次回作に期待したいと思います。

信じる信じないはあなた次第。真実はいつも藪の中。
チーム「InTheBush」リーダー・アコニットがお送りいたしました。
文責:アコニット

テーマ : ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

5枚目超いいじゃん!
でもすきおさんが撮ってたら、誘拐にしか見えないよぉ!

吾輩はげいむすきおである。
なかなか良いであろう。
「お嬢ちゃん。お菓子をあげるからついてくるがよい」
そういう場面ではないのである。
子供らしくみえるのもこの服装のおかげであるな。
サンタ服では意外と胸がはちきれんばかりなのである。

No title

こんばんはー!
プレゼント早く…じゃなくて、ジェンカだよー!

写真、使ってくれてありがとー! 撮ってる時も面白かったなー。
クリスマスからずいぶん経ったけど、どの写真も見てて楽しいねー。
……ってこんなお話があったんだ!?
最初に140文字の中のを読んだ時にすごいなって思ったのを思い出したよ!
次の写真コンテストは春頃とかかな? カリスマ写真家の腕が鳴るねっ!

初書き失礼します
最初この5枚目の写真を見た時、これは入賞すると思っていたんだけどねぇ〜

結果は残念だったけど、しっかり考えられていたバックストーリーも相まって、この写真もっと好きになったよ!
さすがすきおさん!

>>ジェンカ殿
うむ。こんばんはである。
吾輩はげいむすきおである。

今日も元気でよろしい。
140字にまとめるのは非常に難しかったのである。

こちらこそ写真を撮らせてくれてありがとうである。
また、次回も必要があれば手伝っていただきたいのである。

>>風桜殿
吾輩はげいむすきおである。
初書きでもなんでも、書いてもらえるとありがたいのである。

5枚目は吾輩も中々良いものがとれたと思ったのであるがなぁ。
入賞できなかったのは残念ではあるが、
風桜殿のように、気に入ってもらえた方がいるのいうのであれば、それで充分である。
賞を決める人間も、吾輩らと同じ人間である。
誰に気に入ってもらえたかの違いだけである。

この写真を好きになってくれてありがとうなのである。
非公開コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

QR