げいむすきお伝(種本)~DQX~

アストルティアにおける吾輩の軌跡を全てここに記す。この記録を読んでおる貴公は幸運である。なぜなら勇者すきおの偉業を後世に伝える役目を担うことができるからである。この記録を種本とし、各々の「げいむすきお伝」を完成させてもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタイン写真コンテスト参加者へのインタビュー

三回目の登場となりました。
「InTheBush」リーダーのアコニットです。

前回、「写真コンテスト」に応募した一人の男にインタビューを行い、記事にさせていただきました。
あれから2ヶ月――またしても写真コンテストが開催されました。
今回のテーマはなんと「バレンタイン」。

前回記事にした彼も応募した、とのことであったため、今回もインタビューを敢行いたしました。

彼は一体、どんなコンセプトで、どんな写真を応募したのでしょうか?
写真に写りきらなかった彼の思いとともに、作品をお楽しみ下さい。



※前回と同じくまずは募集要項を示しておきます。

以下の内容を盛り込み、「twitter」 にてつぶやいてください。
(1)DQXのゲーム内で「バレンタイン」をテーマに撮影した写真を添付してください。
(2)以下の情報を記載してください。
①撮影者のキャラ名とキャラID
②作品タイトル
③説明の一言コメント
(3)以下の2種類のハッシュタグをつけてください。
#バレンタイン
#DQ10写真コンテスト
※ハッシュタグの前には必ず半角スペースが必要です。

「最初から言い訳になってしまいます。申し訳ありません。

実はこの写真コンテストの数日前に、在野の方が主催された公式ではない別の写真コンテストがありました。今回はそちらに力を入れていたために、公式であるこちらの方が、疎かになってしまったのです。
締め切り数時間前になってようやく、応募する写真を選び、慌ててコメントを考えるような体たらく。
その性で随分とあっさりとした写真になってしまいました。

とはいえ『後から見直してみるとそんなに悪くもないんじゃないか』と思い始めているところですので、どうぞ、最後までお付き合い下さい」

――応募した二枚の内、一枚は他人の家で撮ったものだそうだ。

チョコヌーバ
グレン住宅村
①げいむすきお(QO994-197)②おひとりさま用チョコヌーバ出荷準備中③20個に1個の割合でウェディ♂のあたり付き #バレンタイン #DQ10写真コンテスト pic.twitter.com/qvlTUkPp

「これはムニいっち邸で撮ったものなんです。
突然、フレンドのムニいっちさんに『家に来ないか?』と誘われ、言われるがままに訪ねていったところ、家の中がチョコヌーバだらけで足の踏み場もないような状態でした。

面白かったので何枚も写真を撮ったのですが、特に写真コンテストに出そうというつもりは、この段階ではまだありませんでした。コンテストの締め切り一時間程前に、使える写真はないかとアルバムをめくっていると、この写真が目についたので、急遽応募したのです。

『私自身をプレゼント』というテーマは、非常によくあるものですので、コメントは捻らないといけないなと考えた結果、こういうことになりました。

コメントが生々しすぎたせいかあまり評判はよくありませんでした」

――二枚目は一枚目とはうってかわって屋外での写真だ。

竹林
カミハルムイ領北
①げいむすきお(QO994-197)②バレンタインはおいておいて③なんて素敵な緑の竹林だろう。そしてなんて澄み切った青空だろう。一体チョコが何程のものなのだろうか。 #バレンタイン #DQ10写真コンテスト pic.twitter.com/rmN5q9R5

これも締め切り間際になってアルバムから見つけてきた写真です。

"竹林の緑"と"大空の青"のコントラストが綺麗なので撮った写真だったと思います。ただ、撮ったときの思惑とは別に、げいむすきおさんが何かを訴えるかの様な姿をしているので、何か言わせればバレンタイン用の写真になるんじゃないかと考えました。
しかし、そこで何を言わせるかで少し悩むことになります。
爽やかな景色なのでそれに合わせて爽やかな事を言わせるか、爽やかな景色であるがゆえに、逆に陰険なことを言わせるか――。

"竹林の緑"そして"大空の青"の対比が出来ているので、"チョコの茶色"も合わせれば、綺麗にまとまるだろうか?

力強くまっすぐにのびた若竹の緑に対し、年老い力無く横たわった枯れ木を連想させる茶色。
清々しく晴れた大空の青に対し、鬱陶しい雨道ではねた泥を連想させる茶色。

茶色にネガティブなイメージをもたせ、「茶色はネガティブな色である」「チョコレートは茶色である」「よって、チョコレートはネガティブなものである」という三段論法に見せかけた詭弁で、バレンタインを否定的にとらえさせるコメントも最初は考えました。写真の爽やかさとコメントの陰険さとで対立軸を作り、爽やかさと陰険さの両方をより際立たせるような方向性です。
しかし、そういった自虐的な笑いを狙った作品は他の方が沢山応募されてると思いましたので、ここは爽やかさで押しきってやろうと、ポジティブな言葉のみを残しました。

応募したときは締め切り間際で慌てていて、とりあえず形にすることだけを考え、『こんな中途半端な作品しか応募できずに残念だ』と思っていましたが、落ち着いた状態で改めて見てみると、バレンタインにこんな人気のなさそうな竹林で一体何をしているのかと、妙な可笑しさがあり、意外と良い作品なんじゃないかと今は思っています。

今回も例によって、運営スタッフの目にとまることはありませんでしたが、沢山の方に見ていただくことは出来ましたので大変満足しております。ありがとうございました」



『バレンタイン写真コンテスト』の話はこれでおしまいですが、彼がこのインタビューの最初で触れていた『公式ではない別の写真コンテスト』についても記事にする予定をしていますので、楽しみにお待ち下さい。

信じる信じないはあなた次第。真実はいつも藪の中。
チーム「InTheBush」リーダー・アコニットがお送りいたしました。
文責:アコニット

テーマ : ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。