げいむすきお伝(種本)~DQX~

アストルティアにおける吾輩の軌跡を全てここに記す。この記録を読んでおる貴公は幸運である。なぜなら勇者すきおの偉業を後世に伝える役目を担うことができるからである。この記録を種本とし、各々の「げいむすきお伝」を完成させてもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ショートショート】勇者の凱旋

ランガーオ村のほど近く。いつものように友達と遊んでいたら、剣と盾を持ったお兄さんがあらわれた。
頭から足先まで強そうな鎧でばっちりきめてて、すっごくカッコイイ。

最近噂の勇者かな?
きらきらと輝くあの剣で、たくさんの魔物を倒してきたに違いない。

そう思うとぼくは怖くなって、ここから逃げだしたくなった。
だけど、突然その人は変な動きをして面白い事を言うもんだから、逃げるのも忘れて大笑いしちゃった。
隣を見たら友達も一緒に笑い転げてた。

なんだ、全然怖い人じゃないじゃないか。

「がんばってー」
少し離れた所にいた人が、いつの間にか近くにやってきて応援している。

ファンの人?

左肩にゴツゴツしたものをつけて、右肩は丸見えにしている恐ろしげな格好をした人もこの人のことが好きなんだ。
さすが格好良くて面白いだけのことはあるなぁ。
やっぱりこの人が勇者なんだ。

勇者が応援に答えるようにポーズを決めると、大地もそれに答えたのか彼を中心に砂煙が舞った。
身体からあふれんばかりの力が、全身をうっすらとピンク色に染めている。

「ありがたい。感謝の意を表する」

短い言葉で声援に答えるのもカッコいい。

次から次へと目まぐるしくて、見ていてほんとに飽きない。
ボーッとみとれていたら、今度は剣を頭上高く、天に向かって突き出した。
次は一体何だろう。

カミナリみたいな光の繊維が空から落ちてきたかと思うと、束になって剣の周りに集まる。
手品かな? とってもワクワクしてきた。

ダンスのステップを踏む様に、ちょんと左足をひいて腰を落とす。
面白い人だなぁ。友達になってくれないかな。

右腕を体に巻きつけるようにして、光の剣を持った右手を左肩まで目一杯まで引く。
何をしているのかわからないけど、これが終わったら「友達になってください」ってお願いしてみよう。

その格好のまま踊る様にくるりとまわると、剣のあとを光の尻尾がついていく。
ぼくはぷるぷると身体をゆらしてこう言うんだ。

一周し終わったら回転の勢いそのままに剣を水平に振るった。
「ぼくは悪いスライ

目の前が真っ白になって、それ以上何も考えられなくなった。

イメージ写真
ランガーオ山地
(写真はイメージであり、本文とは一切関係ありません)
SHTでギガスラッシュを放てば、大体500~600程度与えられる。



やぁ、はじめまして。
僕の名前はみもとふめい。
年齢不詳、住所不定、音信不通のみもとふめい、って覚えてくれたらいいんじゃないかな。
僕の書いたお話どうだった?
なるべくアストルティアの法則に従うように書いたんだけど、どれが何を意味しているか分かってくれた?
今作のネタだけじゃなくて、シリーズ通してのネタも入ってるし、少し解説しとこっかな。



【DQX豆知識】
ランガーオ村:オーガ族として生き返しを受けた者の始まりの地。初期村近くのモンスターは1匹ずつ出ることが多いが、この村の近くのスライムは2匹同時にあらわれることも多い。

勇者:勇敢な人のこと。DQにおいては単に「勇敢な人」という意味合いだけでなく、主人公や準主人公に許された特別な職業を表す。バージョン1.3においては、勇者という職は存在せず、ただ、何処かで覚醒したと言うことが知れるだけである。そういった職業勇者を別にすれば、冥王討伐の旅にでる人たちはみな勇者と呼んでも差し使えはないと思う。

ボケ:旅芸人「きょくげい」スキルの一つ。周囲の魔物を笑わせ、行動不能にさせる。成功した魔物の数だけテンションが上がる。成功率はおしゃれさ依存。

おうえん:戦闘をしている際に「おうえん」されるとテンションが上がる。一度おうえんをうけると30秒間は次のおうえんによるテンションアップはうけつけない。
魔物と戦おうとぶつかったのに全く反応がなく、うろうろとしていたら、実は戦闘中だったということがままある。そんなときにはおうえんをすることで「戦闘中に気づかず寄ってきたんじゃないよ。君のおうえんをしにきたんだよ」という顔をすることができる。

テンション:戦闘中、武闘家の「ためる」、バトマスの「テンションブースト」、応援をうける、ボケ、ツッコミを成功させるなどで上がる。
0→5→20→50→100の順に、計4回上がるが、後半の20→50と50→100の際は上記の行為を行っても「miss」と出て上がらないことがある。

SHT:スーパーハイテンション(Super High Tension)の略。テンションが100まで上がった状態。なった瞬間、砂煙をまきあげ、全身がピンクにそまる。

バトルマスター:職業服は、左肩に厳つい肩パット、右肩は露出というもの。左肩が攻撃、右肩は防御を意味し、攻撃力のために防御力を捨てるというバトマスのコンセプトを表現しているのか?
バトマスに応援されるとテンションが2段階上昇することがある。

おしゃれさ:「みりょく」と「装備のおしゃれ値」の合計。高いと戦闘中に魔物がみとれる確率があがる。ハッスルダンスの回復量もおしゃれさ依存。

みとれる:戦闘中にみとれるとしばらく行動不能になる。

ギガスラッシュ:片手剣最大の技。どのステータスにも依存しない光属性の攻撃。力が強くても、魔力が高くても、与えるダメージはほぼ一定。ただし、テンションが上がった場合は、他の特技と同様にダメージが増える。
一回転してから抜き身の剣を水平に振るい、使ったキャラの全周囲に光の帯のエフェクトが出る。が、実際にダメージを与えられるのは前方のみ。それもそのはず、よくよくみると 一回転している間は剣を振るっておらず、ー回転して正面を向いてから剣を振るっている。周囲にあらわれる光の帯でダメージを与えているわけではなさそう。光の帯は納豆のねばねばが糸をひいているようなものか?

ぷるぷる……ぼくは悪いスライムじゃないよ:「おお、ゆうしゃよ。死んでしまうとはなさけない」や「返事がない。ただのしかばねのようだ」などと同様に、DQシリーズで伝統的に使われている台詞の一つ。今作においては「ぼくはわるいファーラットじゃないロン!」と、使われている。

スライム:DQシリーズ皆勤賞の最弱モンスター。最弱であるが故に、強い武器を手に入れた冒険者に試し斬りをされることもしばしば。ただ、今作ではランガーオやレーンの様な最初の村はアクセスが悪く、グレンやジュレットの様な街の方が行きやすいため、そういった街の周囲にいるスライムベスの方が試し斬りの的になりやすい。

(これらはすべて、バージョン1.3に基づいています)
みもとふめい著

テーマ : ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。