げいむすきお伝(種本)~DQX~

アストルティアにおける吾輩の軌跡を全てここに記す。この記録を読んでおる貴公は幸運である。なぜなら勇者すきおの偉業を後世に伝える役目を担うことができるからである。この記録を種本とし、各々の「げいむすきお伝」を完成させてもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

194.【ランガーオ村の王者】第1話「雪山の捜索」

【バージョン1】【配信クエスト】【オーグリード大陸】【ランガーオ村の王者】【ネタバレ】

ランガーオ村の王者 第一話「雪山の捜索」
・受注条件賢者ホーローに会ったことがある
・場所ランガーオ村(オーグリード大陸)
・依頼主ギュラン

それでは上記案件に関して綴ろうと思う。詳細を知りたい者のみ読み進めるとよいのであるぞ。



それはランガーオの村に初めて立ち寄った時のことである。

ランガーオにつくと「まずは長に挨拶をせねばならぬ」と長の家を探した。グレンやガートラントのような都会ならいざ知らず、住人全部が顔見知りであるような小さな村では、その場所のトップに身元を保証してもらっておく事は大切である。長のお墨付きがあるとなれば、村の中を無駄に歩き回ったり、家の奥まで勝手に入り込んでいったりしたとしても、そうそう邪険にされることはないであろうからな。確かにそもそもの話として、例え突然どこからともなく現れた謎の異邦人が台所においてあるツボの中の3ゴールドを漁り始めたとしても、それを気にする繊細な心を五臓六腑まで筋肉で出来ているような戦いの民たるオーガ達が持っているのかどうかは不確かではあるが、一応念のためというやつである。

少し村を歩くとオーガの男が「ここは武闘大会の名誉チャンピオン村王クリフゲーンさまのお住まいだ」と教えてくれた。

村王クリフゲーン!

なんと強そうな名前であろうか。村王という役職も強そうであれば、クリフゲーンという名前もまた強そうである。さすが戦いの民であるな。そういえば、これまでに知り合ったオーガ達の名前もみな強そうであった。彼らの名前が脳裏にうかぶ。

ジーガンフはいかにも強そうな名前である。
アロルドは強さの中にスマートさも秘めていそうな名前であるな。
ストロング団長は正にストロングな名前である。
ズーボーは……ズーボーは他のゴツゴツした感じの名前と比べると少しなんというかぬるっとした感じであるな。

中に入るとすぐにまた一人オーガが立っており「ここは村王さまの部屋。村王さまは過去の武闘大会でいく度もチャンピオンになられたお方なのだ」と、教えてくれたのである。

随分と武闘大会のチャンピオンであることをおしてくるであるな。

吾輩はカバンに手を突っ込み「冒険の書」がすぐに取り出せる位置にあるかを確認する。これが吾輩の身分を証明する唯一のものであるからな。何か言われるようなら見せるつもりであったが、特に何も言わることなくすんなりと中に入れた。

「村王さまの部屋」に入ると、若いオーガと子供のオーガとが何やら不安げな面持ちでゴソゴソと話し合っておる。


声をかけようとしたところ「そ、村王……! お戻りか!?」と、若いオーガがこちらを向いた。

「ちがったか……。お前は、旅の者だな。ふむ。げいむすきおというのか。じつは、このランガーオ村の村王であるクリフゲーンさまが、帰りの遅い村人を探しに雪山に行ったまま、戻ってこないのだ」

なんだ。村王はおらぬのではないか。村王が武闘大会のチャンピオンであったかどうかよりも、村王が家にいるかいないかをまず教えてほしかったである。
そんなことを考えながら話を聞いておると、子供の方も話し始めた。

「村王はお父さんを探しに行ったの! お父さんが帰ってこないのって私が言ったら、すぐに連れ戻してくるからお前は心配しないで待ってろ、ガハハって……」

なるほど、それは心配であるな、と思いつつもここで何か言うと確実に何か面倒なことを頼まれると思い、黙っておった。


オーガ女子からの無言の圧力に耐え切れなくなりそうになったところで若者が口を開いた。

「村の者が雪山から戻らないときに、村王が捜索にいくのはよくあることだが、これほど帰りが遅いのははじめてなのだ。考えたくはないが……村王の身に何かあったのかもしれん。すまないが村王を探しに、雪山に行ってくれないか!?」

ついに言われてしまったである。勇者げいむすきおとしては、そこまで言われてしまっては受けないわけにはいかぬのである。それがたとえどんなに面倒そうだと思ったとしてもである。探しにいってもよいことを伝えるとオーガの若者――ギュランは心底ほっとした顔をした。

「おおっ。本当か! 恩に着るぞ!」

ただ、雪山といっても広いである。せめてどの方面に行ったかでも分かればやりやすいのであるが……

「お父さんは今日はラギ雪原の方に行くって行ってました。町で売れる素材を採るんだって……」

作物も育たなさそうな、食料になる獣も少なそうなこんな雪山でどうやって生計を立てておるのかと思っておったら、そんなことをしておったのであるな。ラギ雪原で採れる素材というと「ぎんのこうせき」「かがやきそう」「まんねん雪」「ホワイトウッド」「氷の樹木」といったところであろうか。大儲けはできぬであろうが、日々の暮らしを支えていく位なら十分そうである。

「村王にもそう伝えたから、そっちの方に行けば、きっとふたりに会えるはずです!」

そこにギュランが女の子の言葉を補強する。
「ラギ雪原はランガーオ山地の東端から北へ抜けた所にある厳しい雪原だ」

ラギ雪原は吾輩もいったことはあるであるが、確かに遭難するのもわかるである。生活のためとはいえ大変な話である。

「そこへ行くならこれを持っていってくれ」


ギュランにヌーク草とやらを渡された。なんであろうか?

「それは雪山で体力をうばわれぬよう身体をあたためるための薬草の一種だ。もしも村王やフウミの父親が寒さで弱っていたら、それを食べさせてくれ。よろしく頼んだぞ」

そういうことであったか。そして、この子の名はフウミというのであるな。しかと頼まれたである! 頑張って探してくるのである!

「げいむすきおさん! お父さんと村王のことをよろしくお願いします!」

こうして吾輩はラギ雪原に向かったのである。向かう途中にヌーク草をかじってみると身体がポカポカと温まってきたような気がした。確かにこれは良いものである。

ランガーオ山地からラギ雪原へ抜けると、吹き荒ぶ雪の中にオーガが二人。一人は座る体力すらないのか、冷たい雪の上に体を投げだしており、もう一人は倒れたオーガを見守るようにすぐそばに腰をおろしておった。おそらくこの二人が村王クリフゲーンとフウミの父親であろうと見当をつける。


座っている方がすぐに吾輩に気付いた。

「お…お前は……」

寒さに体力を奪われたせいか、息も絶え絶えである。

「わしを助けにきたのか……」

その通りである。

「……目を覚ませクーガ。どうやら神さまはまだわしらを死なせてくれんらしいぞ」

しかし、クーガからの返事はない。

「いかんな……。寒さで意識を失ってしまっている。何か身体をあたためる物があればよいのだが……」

『身体をあたためる物があればよいのだが……』であるか。その言葉に少し違和感を感じた。その違和感の正体を突き止めるため、二人をじっくりと眺める。


すぐにその違和感の正体はわかった。『身体をあたためる物』が少なすぎるのである! クーガはともかく村王はクーガを探しにきたのであろう! なぜそんな前全開で、胸筋、腹筋を見せつけておるのであるか!
ツッコミたいのはやまやまなのであるが、ここまで露骨にボケてこられると、ツッコんだら負けなのではないかと思えてしまう。ここは何事もなかったようにヌーク草を渡せばよいのであろうか。それとも一応形だけでも服装についてツッコでおいた方がよいのであろうか。

「お前は村から来たのだろう? だったらランガーオの村の者から何かあずかってはいないか?」

急かされてしまったである。とりあえず、吾輩の葛藤はおいておいてギュランに頼まれたヌーク草を村王に手渡した。

「おお、ヌーク草をもってきてくれたか! よし! これさえあれば」

村王は受け取ったヌーク草をまずクーガに食べさせようとする。

「さあ、クーガ。これを食べるんだ」

村王はヌーク草をクーガの口に無理やり詰め込んだ。

「……………………」

反応がない? ……かと思いきや突然むっくりと起き上がり奇声を発する。


一応、元気になったようであるので、それはそれで良いのであるが……元気すぎて逆に不安になってくるである。この極寒の中、半裸で奇声は危険である。寒さを感じなくなっただけではなく、痛み、苦しみ、悲しみなどもすべてを感じなくなってしまうような草なのではないかと不安になってくるのである。

「さすが、効果絶大だな。よし、わしもひとクチいただこう」
「いやあ、ありがとうございました。おかげで、血が沸き立つくらい全身ポカポカです。これなら村まで帰れます!」
「村王も、ありがとうございました。もし、村王が岩陰に運んでくれなかったら、今頃、凍え死んでいたかもしれません……」
「ガハハ! わしに、礼はいらん! わしも、寒さに体力をうばわれて、ここまで運ぶのが精一杯だったのだ」
「ヌーク草も持たずに雪山にくるとはわしもうかつだったわ。いや、それより……」

二人のやり取りを黙って聞いておったが、ついにきたであるか、という思いである。そう。ヌーク草云々ではなく、服装がまずおかしいのである! 吾輩がツッコまないため、自分で話題に出してきたであるな。『いや、それより……』に続く言葉はそういった内容であろうと想像する。

「このわしが雪山で動けなくなる日が来るとは……。いやいや。そんなこと言ってる場合ではない。ヌーク草の効果が切れる前にわしらも村に戻るとしよう!」

そこであるか! 服装のことは! こうなったら意地でもツッコまぬである。

「ガハハ! げいむすきおよ! お前には、礼をせねばな! 村に戻ったらわしの家まで来てくれ!」

そして二人は村へと帰っていった。
服装に関しては結局触れずじまいであったな。少し不完全燃焼な気持ちを残しつつ、吾輩も村に帰ったのである。

「おっ、げいむすきお、戻ったか! ガハハ! 待っていたぞ!」
村王の部屋に行くと、村王、ギュラン、フウミ、クーガと勢ぞろいしておった。


「お前が村に来てくれて助かった! もし、お前がいなかったらと思うとぞっとするぞ! ガハハハ!」
「げいむすきおさん、ありがとうございました。おかげでお父さんも村王も無事に帰ってきてくれました」
「採取の帰りに急に吹雪が強くなりまして……。雪山には慣れているつもりだったのですが、まったく面目ありません」
「まあ、みんな無事でなによりだ! そうだ、ギュラン。忘れないうちにあれをげいむすきおに渡してくれ」
「これは私と村王からの心ばかりのお礼だ。受け取ってくれ」

ギュランがぎんのこうせきをくれた。クーガがラギ雪原でとってきたやつであろうか? ありがたくもらっておくのである。

「では、私たちはこれで」
「げいむすきおさん! 今度うちにも遊びにきてくださいね!」

フウミとクーガは帰っていった。吾輩もそろそろ帰りたいである。

「今、この村の若くて強い連中はみんな修行の旅に出ている。その間くらいはしっかり村を守ろうと思ったのだが……」

ガートラントで知り合ったオーガ達が頭に浮かぶ。マイユ、ジーガンフ、アロルド……確かに彼女らがいたなら、村王はもう隠居しても良いくらいであろうな。

「……わしもトシをとったということか。どうやら、もう、若い頃と同じようにはいかんようだ……」

最後に少ししんみりしてしまったであるが、村王もフウミの父親も無事帰ってきてめでたしめでたしである。それでは、帰るである。

「そういえば村王。村王が村を離れておいる間にこんな手紙が届いておりましたぞ」
「おお。わしにか? わしに手紙などめずらしいな」

『そういえば』ではないである! なぜこのタイミングで手紙を出してくるのであるか。そういうことは吾輩が帰ってからやってほしいである。


「そうか。あいつが来るか……。きっと……強くなったのだろうな」

これ見よがしになにを……と思いつつも、吾輩は大人であるため、口にはださぬ。変なことに巻き込まれても面倒であるため、聞こえなかったふりをしてそのまま部屋を出たのである。

テーマ : ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。