げいむすきお伝(種本)~DQX~

アストルティアにおける吾輩の軌跡を全てここに記す。この記録を読んでおる貴公は幸運である。なぜなら勇者すきおの偉業を後世に伝える役目を担うことができるからである。この記録を種本とし、各々の「げいむすきお伝」を完成させてもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾輩はウェディとなった。

吾輩はげいむすきおである。
ついこの間まで人間であったのだが、現在はウェディである。

昨日は「ついこの間まで人間であったのだが」の話をしたので、本日は「現在はウェディである」の話をしたいと思う。

吾輩は冥王なにがしの攻撃を受け死んでしまった。
体は死んだのだが、なぜか魂は助かっていたらしく、わけのわからぬ場所に飛んきた。



一体ここはどこなのであろうか?



その時、心に直接何者かが話しかけてくるものがある。
その言葉を信ずるならば、魂だけは助かったっておるので、吾輩とは逆に魂だけが死んでしまった空の肉体に、わが魂を移してくれるというのである。

人間の空の肉体があればよかったのであるが、、残念ながら人間の体はなく、オーガ、ウェディ、エルフ、ドワーフ、プクリポの中から選ばねばならぬらしい。

全く状況を飲みこめぬが、吾輩一人が特別扱いを受けておることは確実である。
その証拠に、村の他の住人は誰一人ここにはきておらぬ。

特別な扱いを受けるからには、特別な事を成さねばならぬ。
何より、わが村を滅ぼした何者かを討ち果たさねばならぬ。


こうして吾輩は使命に目覚め、勇者げいむすきおが誕生したわけである。

吾輩は考える。

勇者とは何か?
勇者とは恐れぬものである。

ではなぜ恐れぬのか?
恐れぬのは強い信念をもつからである。

しかし、信念だけでは仇はとれぬ。
力も必要である。


そうとなれば、ここが思案のしどころである。
それぞれの種族の特徴を姿なき声に教わる。

教わったことと吾輩の感じたことをまとめる。

オーガ:力と勇気の種族。力と身の守りに優れる。⇒戦士系
ウェディ:愛の歌を詠う種族。力と素早さに優れる。⇒武闘家系
エルフ:叡智を備え自然を敬う種族。魔力に優れる。⇒僧侶系
ドワーフ:富と技術を尊ぶ種族。器用さに優れる。⇒盗賊系
プクリポ:笑いと夢に生きる種族。魔力に優れる。⇒魔法使い系

勇者と言えば、片手剣に盾が伝統的様式美というものである。
杖やツメや短剣はお呼びではない。

吾輩はどちらかというと形から入る性質なのである。

そうなると職業は戦士に確定である。

戦士に向いた種族はオーガ、次点でウェディである。
この段階で二択である。

オーガは脳筋の印象が強く、かといってウェディは軽すぎる心持ちがする。

吾輩は大いに悩んだ。

大いに悩んだ結果、ウェディにすることにした。



多少、なよなよしていた方が今風であろう。


それはそうとして種族の像が見当たらぬ台座が二か所あった。



これは竜族や人間族がはいるところなのであろうか?

テーマ : ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。