げいむすきお伝(種本)~DQX~

アストルティアにおける吾輩の軌跡を全てここに記す。この記録を読んでおる貴公は幸運である。なぜなら勇者すきおの偉業を後世に伝える役目を担うことができるからである。この記録を種本とし、各々の「げいむすきお伝」を完成させてもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェディの身体で初めてのボス戦である。

吾輩はげいむすきおである。
これからはウェディの戦士として生きていこうと強く誓ったところである。

レーンの村のすぐそばに生息しておるスライムやモーモンならば、ウェディの身体になれておらぬ吾輩でも楽に倒すことができた。

本来ならば、ここで少しレベルを上げておくべきであるのだろう。
しかし、吾輩は必要に迫られた時以外はレベル上げはせぬ性質であるため、すぐさま、話を進めるため慰霊の浜に行く。

その後もあれをしろこれをしろと言われるがままにあっちに行きこっちに行きとしておったが、モンスターの相手は面倒であるため、そばを通り抜けていく。

その結果、ウェディの身体で、初めてボスと戦ったのはレベル5だった。



惨敗であった。
仕方あるまい。レベル上げを避けてきた結果だ。

この時の吾輩が装備しておるのはオノである。
純粋に攻撃力が高かったからオノを装備しておったのだが、どうにも勇者らしくない。

勇者と言えばやはり、片手剣に盾である。
しかし、剣と盾を両方そろえるのは面倒であるし、純粋な攻撃力だけを考えると大剣の方が高い。

迷いに迷った末、大剣を吾輩の得物とすることとした。

なにごとも形から入る吾輩ではあるが、そのあたりは割と柔軟なのである。


レベル5で惨敗するのであるならば、レベルをあげるしかないであろう。

やくそうを買い込み、地底湖にこもる。
プチアーノンを倒しに倒してレベル7。
レベルの上りも悪くなってきたところで、黒き花婿に再挑戦である。



惜敗。惜敗であった。
おそらく、パーティを組めば楽勝であったであろう。

再度レベル上げである。
プチアーノンも飽きてきたため、次はレムール緑野の祈りの宿の東にいるねこまどうで経験値を稼いだ。

勝てそうな勝負であったため、1レベルだけ上げて、装備を整えて再戦。



ようやく勝利を得た。

無事、花嫁を助け出した後、村長に外へ出る許可を得た。大陸間鉄道パスまでくれた。

そうして吾輩はここぞとばかりに外の世界にとびだしたのである。
それはもう凄い勢いで……メラゾーマの様に島を飛び出していったのである。

テーマ : ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。